ひとつぶ募金とは? 支援レポート 世界の飢餓と私たちの食生活 よくある質問
      └ バングラデシュ    ベナン    ウガンダ   ブルキナファソ
 
国旗 バングラデシュ 支援レポート
持続可能な有機農業センター運営/期間:2005年8月〜
ボダ郡、カリガンジ郡で、有機農業を推進しています。バングラデシュでは1960年代から近代農業が推進され、大量に使わなければならない化学肥料や農薬などの経費が農家の家計を圧迫しています。そこで、貧しい農家の人々が有機農業に取り組めるよう支援し、家計の負担を減らすこと、収穫物で人々の栄養状態を改善することを目指しています。

農産物フェアに出品された有機野菜やたい肥の売れ行きも好調

バングラデシュ料理に欠かせないスパイスの研究農場
更新 2009/10/15 
自分たちで有機農業を広めよう 農産物フェアを開催

活動地のボダ郡、カリガンジ郡では、この数年間で有機農家が着実に増え、最近ではハンガー・フリー・ワールド(HFW)からの支援を待つことなく、自分たちで有機農業を広めようとする農家も現れています。

2009年3月には、ボダ郡で結成された有機農家協同組合が「農産物フェア」を開催。会場には組合員自慢の有機野菜やたい肥が持ち寄られ、のべ200名の地域住民が見学に集まりました。見学者からは「農薬や化学肥料を使わなくても、こんなに品質のいい作物をつくれるとわかり驚きました」との感想も。地域に有機農業のよさが知れ渡る機会となりました。

こうした状況を受け、農家の意欲をさらに引き出そうと、HFWは2009年3月と4月にバングラデシュ各地の有機農場を訪問するツアーを実施。両郡から計24名の有機農家が参加しました。このツアーは「種の品質を保つためのよりよい保管方法など、新しい知識を得られました。地元の農家にも伝えて一緒に実践したいです」と好評。このような農家が中心となって、家計と環境に優しい有機農業がさらに推進されていくことが期待されます。

各国の支援レポート >>



プライバシーポリシー  |  サイトに関する注意事項  |  リンク  |  ハンガー・フリー・ワールド   |  お問い合わせ
Copyright © Since 2007 HUNGER FREE WORLD All Rights Reserved.
このサイト制作・運営にもボランティアが参加しています