ひとつぶ募金とは? 支援レポート 世界の飢餓と私たちの食生活 よくある質問
      └ バングラデシュ    ベナン    ウガンダ   ブルキナファソ
 
国旗 バングラデシュ 支援レポート
能力強化/期間:2012年2月〜
HFWは、海外の活動国では住民自身が主体となって飢餓のない地域づくりを行えるように、現地住民とともにさまざまな開発事業などに取り組んでいます。将来的にHFWの支援がなくても住民自身が自分たちの住む地域の課題を解決し、飢餓のない地域を作り、維持し、他地域にも成果を波及していけるようになることが、HFWの目標です。

授賞式で表彰される6人(カリガンジ郡)。次の活動資金にできる賞金と表彰状、盾を贈呈した

授賞式は、その波及効果を狙い、大勢の参加者が集う有機農業フェアとピタメラ(伝統的なケーキを売るフェスティバル)と一緒に開催した

審査は、書類選考の後、事業の現場に審査員が赴いて採点が行われた。採点表に点数を記入し、得点の高かった6人を選んだ
更新 2014/04/17
地元自治体と初の共同開催で「ハンガーフリー賞」を創設しました

2014年2月5日、HFWが活動するカリガンジ郡のニアマトプル区でHFWと地元自治体が共催する「ハンガーフリー賞」の第1回授与式を行いました。HFWから学んだ知識を生かし、地域で飢餓をなくすために際立った活動を行った6名に賞金10000タカ(約13000円※)と表彰状が授与されました。

「ハンガーフリー賞」設立の目的は二つあります。

一つは、地域の住民たちに、飢餓を終わらせるために自分たちが持っている力を発揮してもらい、より良い生活を送るために行動を起こすよう勇気づけること。

もう一つの目的は、共催する地元自治体の区議会がこのような住民の活動をしっかり支え、住民を力づける主役となること。

「ハンガーフリー賞」は審査から授賞式まで区議会と一緒に協働して設立されました。区議会が地域住民支援の活動に積極的に、深くかかわることははじめてのことです。HFWは、自治体は地域発展の主体であり、今後この地域の発展のために欠かせない存在であると考えます。これをきっかけに、区議会がより意欲的に地域の生活向上に取り組むよう、HFWは引き続き働きかけていきます。

各国の支援レポート >>

Message from Bangladesh
アシャドゥル・イスラムさん カリガンジ郡モリクプール村
若者や次世代のために安全な食べ物を保証することは、私の人生の目的となっています。農家が有機の虫除けや肥料を推進して、安全な食べ物を育てるため政府から支援と承認を得ること、育てた食べ物を、需要に応じて売ることができる市場が作られるのを見届けたいです。ハンガーフリー賞は私と私の家族にとってとても意味のあるものです。私は受賞者としてとても光栄でうれしく思います。
ハジェラ・ベグムさん カリガンジ郡ダプナ村
区議会とHFWからこのような大変光栄な賞をいただくことができ、誇りに思います。私はずっと、自分たちの村にも立派な資源があるんだと村の人々に理解してもらい、それらを活用することをめざしてきました。そんななかで、自分たちの資金で、地域の水産資源を活用した養魚プロジェクトを始めて成功させたことを、本当に幸せに感じています。これからも私は自分の得た知識を地域に普及させ、自分たちの力と資源で地域を発展させるようなコミュニティを作るために、働き続けていきたいと思います。
ヌルル・イスラム氏 ニアマトプル区議会員
この賞を通じて、HFWとともに地域の人々の熱心な努力と働きを支援することができたことは、私にとってすばらしい経験でした。すべての応募者が社会の発展のためになる働きをしており、受賞者選定は難しいものでした。私はこの賞について、とてもうれしく誇らしく思います。将来に渡って続いていくことを願っています。
 

プライバシーポリシー  |  サイトに関する注意事項  |  リンク  |  ハンガー・フリー・ワールド   |  お問い合わせ
Copyright © Since 2007 HUNGER FREE WORLD All Rights Reserved.
このサイト制作・運営にもボランティアが参加しています