ひとつぶ募金とは? 支援レポート 世界の飢餓と私たちの食生活 よくある質問
      └ バングラデシュ    ベナン    ウガンダ   ブルキナファソ
 
国旗 ブルキナファソ 支援レポート
赤ちゃんとお母さんのケア/期間:2005年10月〜
5人に1人の子どもが5歳までに命を落とす、西アフリカ・ブルキナファソ。首都ワガドゥグから25kmほど離れたクブリ郡で国営の保健センターと協力して、周辺11ヵ村に暮らす0〜5歳未満児約4500人の栄養改善に取り組んでいます。子どもたちの栄養状態を改善して病気にかかりにくい体をつくり、発育の鍵を握るお母さんたちに衛生管理や正しい保健の知識を身につけてもらうことで、救えるはずの命を救います。

不足しがちなたんぱく質などを補う栄養粥
2万人以上を支える保健センター
定期的に体重を測定して発育状態を知る
更新 2007/10/01 
毎月約200人の赤ちゃんが生まれる国営保健センターで、
お母さんに栄養価の高いお粥の作り方を教えています。


ブルキナファソ・カディオゴ県クブリ村にある国営の保健センターで、栄養改善の事業を行っています。
ブルキナファソでは、5人に1人が5歳になる前に命を落とします。医療の不備もありますが、栄養のある食事が与えられないこと、お母さんの妊娠中の健康状態が悪いことも大きな原因です。クブリ村でも多くの子どもが栄養不足に陥っています。この保健センターは、クブリ村と近隣地域の住民2万2804人が利用できる唯一の医療機関で、15km以上離れた地域から通う患者もいます。

以前からHFWの青少年組織、ユース・エンディング・ハンガー(YEH)ブルキナファソが医療器具を寄贈し、支援していました。 2005年9月、HFWは、過去に国の財政難で打ち切られていた乳幼児や妊産婦の栄養改善事業を再開しました。同センターで毎月平均200人生まれる赤ちゃんに定期健診を行い、発育のよくない赤ちゃんには栄養粥を提供しています。お母さんには、穀物、燻製の魚、スンバラ(豆)など、地元で調達できる食材を使った栄養価の高いお粥の作り方を教えています。

また、YEHのメンバーが中心となって、女性を対象にした教育プログラムも行っています。内容は、家族計画、母乳保育、HIV/エイズの知識など。食糧や医療の援助だけでなく、母親の栄養や健康に関する知識や関心を高めることで、継続的に家族の健康状態がよくなることを目的にしています。

各国の支援レポート >>


Message from Burukina Faso
マリアム・イルブドさん
栄養改善事業が昔も行なわれていた(※保健センターの資金難のため一時中断された)頃、私は栄養粥の作り方を指導していました。
私の子どもも病気がちでしたが、このお粥のおかげでとても元気になりました。再びお粥作りを始めるといったら、この子は小学校4年生にもなるのに、またお粥を食べたいと言ってきました。
この事業が行なわれていた過去の8年間、病気で死んだ子どもを私は1人しか見ませんでした。栄養改善の事業が再開されて、本当にうれしく思います。


プライバシーポリシー  |  サイトに関する注意事項  |  リンク  |  ハンガー・フリー・ワールド   |  お問い合わせ
Copyright © Since 2007 HUNGER FREE WORLD All Rights Reserved.
このサイト制作・運営にもボランティアが参加しています