ひとつぶ募金とは? 支援レポート 世界の飢餓と私たちの食生活 よくある質問
      └ バングラデシュ    ベナン    ウガンダ   ブルキナファソ
 
国旗 ウガンダ 支援レポート
女性対象の有機果樹栽培事業/2007年8月〜
HIV/エイズにより夫や親を亡くした女性が多いウガンダ。HFWの活動地では、女性が世帯主の家庭が4割を超える地域も。こうした家庭の多くは十分な収入が得られず、食事は1日1回のみで、女性と子どもは栄養不良になりがちです。そこで、女性対象の有機果樹栽培事業を実施し、果物からビタミンなどを得て栄養状態を改善できるよう支援しています。

研修のひとコマ。真剣に聞き入る女性たち

ペットボトルで点滴灌漑

水やりをするナムワンドル・ムウォンゲさん
更新 2009/06/15 

カブンバ区カブブ区でも有機果樹栽培を指導
女性と子どもの栄養改善が期待されます


2008年7月にワキソ県カブンバ区で140世帯に、10月にはカブブ区で120世帯の女性に2日間の研修を行い、苗木の植え方や接木の方法、有機肥料づくりなどを指導しました。その後、女性たちは配布されたマンゴー、アボカド、オレンジの苗木合計5460本をそれぞれ自分の土地に植えました。

10〜12月には、接木部分が強風のために折れる、病害虫が発生する、雨が多すぎて苗木が枯れるなどの被害が出ましたが、HFWが薬用植物ニームの農薬を配布し、畑に排水用の溝を掘ることや果樹に添え木するよう助言することで、最小限の被害にとどめました。現在はHFW職員が定期的に女性たちの畑を訪れ、枯草で畑の表面を覆って雑草を抑え病害を防ぐ「マルチング」、小さな穴をあけたビニール袋などを苗木のそばにつるして根の周辺に少しずつ水を与える「点滴灌漑」などの技術指導を行っています。点滴灌漑は、2007年度にルグジ区の女性たちが工夫して成果を得た方法です。

2〜3年後、果実をつけ始めるころには、収穫された果実を食べることで女性や家族の栄養状態を改善できるほか、1世帯あたり年間約2300ドルの収入増が見込まれます。

各国の支援レポート >>


Message from Uganda
ナムワンドル・ムウォンゲさん(カブブ区マニャングワA村住民)
私がこんなにたくさんの果樹を育てているなんて信じられません! 自分でもできる接木や有機肥料のつくり方を教えてもらえて、とても勉強になりました。果物がたくさん収穫できるよう、教えていただいた技術をしっかり実践したいと思います。



プライバシーポリシー  |  サイトに関する注意事項  |  リンク  |  ハンガー・フリー・ワールド   |  お問い合わせ
Copyright © Since 2007 HUNGER FREE WORLD All Rights Reserved.
このサイト制作・運営にもボランティアが参加しています