ひとつぶ募金とは? 支援レポート 世界の飢餓と私たちの食生活 よくある質問
     └ バングラデシュ    ベナン    ウガンダ   ブルキナファソ
 
国旗 ウガンダ 支援レポート
育苗場建設・植林事業/2009年6月〜
ウガンダの貧しい家庭では食事は1日1回のみで、家族で栄養不良になりがちです。そこで、2007年から女性対象に果樹の苗木を配って栽培指導し、果物からビタミンなどを得て栄養状態を改善できるよう支援してきました。2009年からは対象を男性にも広げ、育苗場を設けて栽培指導を行うことで、自分たちで苗木をつくれるよう促しています。

苗育場で水やりをする地域の女性グループ

苗木の配布に向けて準備中

更新 2010/08/17 

住民が果樹の苗木をつくり、ほかの住民たちに提供
2〜3年後の収穫を目指し、自分たちで管理していきます


2009年7月に活動地のルグジ区に育苗場を建設し、同時に地域の女性グループや有志の住民たちに苗木の栽培技術を指導しました。その後、指導を受けた住民たちは果樹や薬効ある木の苗木を育てながら、技術指導ボランティアとして活躍しています。

苗木は順調に育ち、2009年10月〜2010年2月にかけて、HIV/エイズで夫に先立たれた女性など地域で特に弱い立場にありながら一家を支えている住民たち965名に、46万5000本以上が提供されました。苗木を受け取る前には、植え付けやその後の栽培に関する研修を受けてもらいました。研修では現地語ガンダ語の教材を作成したほか、技術指導ボランティアにも実習の講師をつとめてもらい、住民たちがより理解しやすいように工夫しました。研修後には、それぞれの土地、計374ヘクタールに植えられました。

植え付け後の成長は苗木を受け取った住民自身が管理します。また栽培に関して困ったことがあれば、技術指導ボランティアが継続的にアドバイスを行うほか、HWFの職員も定期的に進捗を見守り、必要に応じて指導していきます。 2〜3年後、果実をつけ始めるころには、収穫された果実を食べることで家族の栄養状態を改善できるほか、あまった分を販売して家族の健康改善にも役立ちます。


各国の支援レポート >>

 


プライバシーポリシー  |  サイトに関する注意事項  |  リンク  |  ハンガー・フリー・ワールド   |  お問い合わせ
Copyright © Since 2007 HUNGER FREE WORLD All Rights Reserved.
このサイト制作・運営にもボランティアが参加しています